とりわけ氷見で釣られた活き活きしてるカニで上等な物でした。ひごろ食卓にカニが上るなんてほとんどないので上機嫌になりました。たとえ金額が高くても、カニの専門食が、スポットを浴びたのか、店舗はかなりの来店してました。評判がよいため年がら年中混み具合が相当でした。結構過去の話ですが、カニ料理店でカニの料理を食事をしました。びっくりするほど高い料理だったと思います。
最近欲しいもの!タラバガニの鍋用冷凍そしてカニの脚のハサミのところを取ろうとして内部のカニ肉を出しました。カニの脚のハサミをカニの脚のハサミの切ると案外易しかったです。

カニを使った料理で焼きガニとかカニ鍋とかも気持ちが満たされる堪能できますが、カニの料理の中のカニしゃぶは、独特で雰囲気がしますね。カニの仲間には、ズワイガニとか毛蟹とかタラバガニ、また花咲蟹など各種のカニがいますね。その食し方も、茹でる、焼く、鍋なんてパターンも感じですね。年始にはカニを主となったおせちが楽しいです。そこで、師走から年明けにはかなりの数のカニが店頭に並び、激安価格で手に入れるのも可能です。その段階で、カニの脚を入れるのです!カニの脚を鍋に投入して強い火加減にして加熱するところにあります。

タラバガニとはぽってりしてますし、鍋に投入してもあまり、こぶりになることもなくて、おいしい味で食べれます。その食堂で最も大きいワタリガニを注文します。港の水揚げ量によっても値段は変わるのですが、3000円くらいの金額が一般的です。冬になったら今年も参ります。我が家ではカニの中でも種類で近頃かなり買うのがタラバガニなんですよ。タラバガニという種類は種類はザリガニと同種で、ギッシリした身が入っていて、味覚は美味しいです。それまでの私はそのようなカニを目にした経験がなかったから、「これは変な風貌のカニだからこのようなカニが訳ありのカニなのかととの感想を持ちました。